営業支援として行った工夫!ツールの導入で一気に改善

支援ツールを利用したことにより

私が営業支援を利用した理由営業ツールの使用目的支援ツールを利用したことにより

タブレットはあくまでもハードであり、個々の操作にはそれぞれソフトを使用します。
そのため、覚えることが多くて不便という声も聞こえてきました。
そこで考えたのは、営業支援のツールを導入してみることです。
1つのソフトでいろいろとカバーできるので、とりあえず導入して試用期間だけでも使ってみようと思いました。
自分が使い方のレクチャーを受けて、それを他の社員にも教えたのが最初に行ったことです。
予想どおり拒否反応を示す社員もいましたが、すぐに慣れると言って説得したことを覚えています。
特にスキルは必要なく、手順に従って進めるだけなので難しくありません。
結果的にこれが大成功で、2カ月ほどで無くてはならない存在になりました。
最も効果的だったのは、報告をリアルタイムで行えるようになったことです。
活動内容を入力すると、それがタイムラインにのって社内で閲覧が可能になります。
上司がすぐに返事をできるので、それを見て現場で臨機応変な対応が可能です。
また、他の社員も内容を参考にできるので、関連している場合は自分の業務に活かせます。
自然と取り引きの情報がデータベースに蓄積していき、過去の事例として簡単に引き出せるようになりました。
これによって、ニーズの高まる時期などを把握しやすくなったこともポイントです。

お問い合わせください!

・ライフプランコンサルティング
・キャリア支援
・人材募集、育成
・営業支援、マーケティング調査
・SNS運用サービス
・キャッシュレス決済
・集客サービス

水をどう売るかより、
水をどこで売るかを大切にします。


お仕事ください!
一緒にアゲましょう!!!

— アンディ・フウガ🧠思考×働く×楽しむ×稼ぐ (@andy_wazzock) March 4, 2020

営業支援 : 現場が支持する「営業支援」とは?